20150722雑記 AccessAnalyzer障害対応法の調査


適当にAccessAnalyzerがログ取得遅延を起こした場合の対処法をネットなどで調査した。
まああまり褒められた手法でもありませんし・ホントにこれで改善するのか?というものまで。
まあ話半分ネタだとおもってw

■■1)解析タグを自ページの最後のほう下方位置の移動する

これはまあ障害が起きる前にほんとはやっておくべきことなのですが、
ページの先頭、bodyタグのすぐ下なんかに置いたら目もあてられません。自ページ全ての表示が遅延してしまって白いページで待たされるような事が発生する可能性があります。
フッターあたりにでも置いていたら解析タグがあるところまではさっさとブラウザは表示してくれるはずなのでフッターもしくはそれ以下の部分に解析タグを設置することをお勧めします。
まあたしか設置説明書みたいなのにはなるべく上方などと書かれていた気がしないでもないのですが情強のおれは騙されません(ほんとかよ?w)

■■2)設置タグに書かれているURLのサーバ記述を変更する

http://j1.ax.xrea.com/l.j?id=(サイトID)
http://w1.ax.xrea.com/c.f?id=(サイトID)

http://j2.ax.xrea.com/l.j?id=(サイトID)
http://w2.ax.xrea.com/c.f?id=(サイトID)

設置タグに書かれているURLのj1,w1をj2,w2に変更する。
鯖の二重化がされてるそうでj1,w1サーバが障害になっても対応できるそうです。
でもユーザ手動でタグを書き換えってw
私は試していません。結局同じように障害になる可能性が否定できないので。特にアクセス遅延の場合アクセスが集中して起こる場合が多いので手動で切り替えなんてやってられっかってかんじですw

■■3)設置タグのスクリプトをasyncにする

<script type=”text/javascript”><!–

<script type=”text/javascript” async><!–

なんかネットでみかけた。非同期にしたらいいよ!ああそうなんだ!えー結局遅延してんじゃんとか思った。
まああまりタグの改変はお勧めできんし、こっそり私がやってみた結果変わらん気がするし問題も解決しなかったように思う。
続くなんだIDやらADやらFRAMEやらの変数数値もどっか別のスクリプトで書き換えられても動作おかしくなるらしいし。

■■4)携帯用タグを使う。

<a href=”http://w1.ax.xrea.com/c.f?id=(サイトID)” target=”_blank”><img src=”http://w1.ax.xrea.com/l.f?id=(サイトID)&url=X” alt=”AX” border=”0″></a>

一番現実的で有効な対処でそしてガッカリw PC用とはちがってjavascriptは一切使ってない。偽装の画像イメージが表示される事でログを取得してる。
スクリプトのアクセス遅延だけの場合これはすごく有効。サイトページ表示も速い。
問題点は2つ

  • 結局こっちもアクセス遅延したら一緒じゃん
  • リファラが取れず何処から自分のページへ飛んできたか分からない・画面サイズ・閲覧者IDも取れない。一見上手く動いたようにみえてその実得られるアクセス解析のデータは削られ正直、アクセスがあった!○件!しかわからない。これではアクセス解析というよりアクセスカウンタである。

あと画像にアンカーリンク張ってあるけどnofollow属性もつけてほしい。なんか損してる気分にもなる。

■■5)自分でアクセス解析を作る。

これ一番お勧めできるw信用のならんサービスを使用するより自分の利用してるサーバが生きてる限り使えるw
他人のアクセスやら他人へのDOS攻撃でサービス遅延起こすサービス使うよりも「自分の事は自分で」精神でw
(まあ自分のとこがDOSされたら対処も自分でやらないといけないけどw)
私みたいに詳細な解析結果を必要としない人でプログラムに自信がある人はやってみたらいいんじゃないかと思うよ。どうせ自分に必要なところしか作る必要もないのだし。
少なくとも上記携帯用タグで得られる情報までは簡単に昨日1日で作れた。
まあ自分で保守で解析画面作る手間も発生するが楽しんで作ればいいんじゃねえかともおもう
いいものができたら俺にもつかわせてくれw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)