Distill Web Monitor導入を画像で説明(firefoxアドオン)


ウェブサイトの更新を監視するfirefoxアドオン
自分的に結構有用だったのでアドオン群に追加しました。
なぜ画像で説明するかだって?あれをこうしてあーして・・・って一から説明を書こうとして面倒くさくなったとかそういうことじゃありません。
決してそんなことはありません。僕を信じてください。むりっすかそうすか。

■■導入準備
ふつうにアドオンを追加するよう検索してインストールしてください。
<画像1>
20160330Distill1
え?何も変化が無い、ツールにもメニューがないアイコンも出てこないとお困りのあなた!
・・・実はここで私も困りましたwなにも表示されないしなんだこれ・・・って。
実はカスタマイズ画面のAdditional ToolbarかAdd-Onbarを表示してみてください。アイコンが現れるはずです。このアイコンを普段のfirefox画面に表示されるようにfirefoxをカスタマイズしておいてください。これで導入準備OKです。
<画像2>
20160330Distill2

■■セッティング
セッティングできる項目は
・どのサイト
・サイト内のどこの部分
・何秒間隔で見に行くか
・対象サイトの更新が確認された場合の通知方法
さてDistillアイコンクリックしたところでポップアップ。なんやよーわからん・・・
<画像3>
20160330Distill3
「Go to Watchlist」で監視サイト管理画面
<画像4>
20160330Distill4
「Add」-「Webpage」で更新監視対象ページの追加
<画像5>
20160330Distill5
いきなり分割フレームにグーグル出てきてビビる。冷静に対象ページを検索して表示
<画像6>
20160330Distill6
「Select Elements」でこのページの監視対象部分を決めてクリック後「SaveSelection」で保存
<画像7>
20160330Distill7
あーだコーダ書いてあってよくわからんから適当に
監視間隔秒数通知設定だけは見ておく
通知設定はPCから音鳴らしたりメール・画面上ポップアップなど選べる
「Save」で終了。これで設定終了

あとはウェブサイトの記事なり更新がかかれば設定された通知方法で更新確認間隔で引っかかった時に通知してくれるはずです。
注意しなきゃいけないのはwebページの更新検知部分がまったく更新されないところを設定していては更新が検知されず期待した時に更新を通知してくれないということになります。くれぐれも検知部分の設定は注意しておこなってください。

<画像8>
20160330Distill8
アイコン押した当初のほかのボタンは現在見ているページを更新監視対象に含めるボタン。
こっちのほうが楽は出来そう。

以上。設定画面が変遷・飛びまくるからわかりにくいんだよなぁ
ただ色々面白い設定も出きそうなのでいろいろ試してみたいとおもう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)