カテゴリー別アーカイブ: レンタルサーバ

htaccessではまる

俺の人生で.htaccessにかけた時間はどのくらいだろう?なんつかアホらしい。

今回基本全部ひとつのファイルにアクセスを一旦集めるが、例外のURIを作ってそいつだけは別のRewriteRuleかますということをやろうとした。

失敗してめちゃくちゃ時間を浪費した。エラー部分

RewriteBase /
RewriteRule ^atom$ /atom.php [L]

アクセスに”/”がつかないこともあるのはさておき、RewriteBaseを”/”にしてるもんだから変換後のベースが”/”(.htaccessがおいてあるディレクトリ)であるにもかかわらず、転送先にも”/”がついてておかしなことになってた。

#RewriteBase /
RewriteRule ^atom$ /atom.php [L]

もしくは
RewriteBase /
RewriteRule ^atom$ atom.php [L]

ログとか取る方法もあるようだけどよくわからん。レン鯖でできるのか?もし同じ環境構築してテストなんかしようとしたらそれこそレン鯖借りる意味がない。適用されてる・されてないどのルール使ったとかわかりやすくなるロギングツール・バリデータツール無いものかねぇ

CoreserverでInternalServerError

CoreseverのApach/PHPバージョンアップメンテナンスを境にたまにInternalServerErrorがおこり、ページが表示されないことがある。

Internal Server Error
The server encountered an internal error or misconfiguration and was unable to complete your request.
Please contact the server administrator, info@coreserver.jp and inform them of the time the error occurred, and anything you might have done that may have caused the error.
More information about this error may be available in the server error log.

調査した結果、原因はわからん

えーと

  • 「php_flag ***」「php_value ***」とか.htaccessに設定していた場合に起こるとか書いてあったしそれを.user.iniに変更しろ
  • WordPressの場合wp-config.phpを手動で編集していないか、編集しているときはUTF8N(BOMなし)で保存しろ

とか書いてあるけど当てはまらない

2chに相談しても安かろう悪かろうアキラメロンとのこと

どうしてもマズイ状況の場合は
「コアサーバ管理画面」
-「サポート」
-「お問い合せフォーム(VALUE-DOMAINサポートトピック)」

にてサポートをうけるしかないかも。俺はまぁ20アクセスに1回ぐらいだからどうしてもページが表示されないってほどでもないからサポート頼るのはもっと酷くなってからかなと思ってる。

また何かわかったら記事を書こう

Coreserverのパスワード変更→phpmyadminのベーシック認証のパスワードも変更

管理メニューのパスワード再発行にてパスワード再発行した場合新しいパスワードが発行されます。
その場合現在使っていたphpmyadminにログインする際のベーシック認証のパスワードもログインパスワードの上位4桁利用して使っているから変わると思っていたのですが、自動で変更はされません。

  • 以前からのパスワードを使い続ける
  • もしくは自分で変更する

いずれかを選択することになります。

■phpmyadminに入る際のベーシック認証のパスワードを変更する方法

変更する場合、「管理メニュー」-「ツール」で
htpasswdの生成にてユーザ名とパスワードを入力&パスワード生成ボタン

  • htpasswdの文字列と
  • .htaccessのサンプル

2つが生成されます。

必要なのはhtpasswdの文字列のほうです。

[アカウント]/public_html/log/.htpasswdの内容を、上記の文字列に変更して保存。
これだけでいいです。

※ハマリポイント
.htaccessのサンプルは下手に[アカウント]/public_html/log/.htaccessに反映してはいけません。
AuthUserFile /virtual/[アカウント]/.htpasswd
・・・

となっており、使用する.htpasswdへのディレクトリパスが変わってしまいます。

.htpasswdの変更だけを行ってください。

あとまぁ変更する際には一時的にも変更するファイルのバックアップとってくださいね。
これやってたのですぐ戻せた。あぶなかったわー。やってなかったらますます混乱したことでしょう。

Coreserverでバージョンを指定してphpを実行

fast-CGIとかで動くようになったらしいCoreserver
phpのバージョン指定して開発してる場合動作対象ディレクトリの「.htaccess」ファイルに以下のようにして指定
#はコメントアウト、実行したいバージョンのところだけ外して有効にしてやればよい

# AddHandler application/x-httpd-php4cgi .php
# AddHandler application/x-httpd-php5cgi .php
# AddHandler application/x-httpd-php53cgi .php
AddHandler application/x-httpd-php54cgi .php
# AddHandler application/x-httpd-php6cgi .phpM

まぁあんま気にしないで開発してる程度のものしか作ってないからおれには関係ないんだけど。

Coreserverでphpエラー表示されない

先日放置してた借り入れサーバでエラー表示でないなとおもってたら
Coreserverにていろいろ設定が変わってエラー表示抑制などいろいろ仕様がかわってた。

不具合状況
phpのプログラムにてエラー表示がされず真っ白ページなどが表示される
対処法
動作対象フォルダ内に「.user.ini」ファイルを作成。中身を以下のようにして保存
display_errors = On
error_reporting = E_ALL & ~E_NOTICE

以上。

普通に動くスクリプト置いて放置してたら気づかないよねぇ。